2月5日 お金稼ぎの巻

 

昨日もお金稼ぎ・・・今日もお金稼ぎ・・・明日もお金稼ぎ・・・毎日お金稼ぎ・・・


いつになったらエギラC買えますか(泣
そもそもお金稼ぎにいって赤字出すわ経験マイナスになるわレア一つでないわで


永遠に買える気配がないです・・・。


はぁ・・・これ以上経験マイナスにしたらみんな怒るだろうしなぁ・・・
どこか安全に死なずに稼げるところ・・・・あっ


下水だ、下水へいこうそうしよう!
あそこならまず死なないし敵多いから稼げるはず!


れっつごー♪


ただいま(早


いやね・・・金ゴキ+緑ゴキ6匹なんて無理です・・・(汗
結局30分ぐらいしか潜れませんでしたが収集品はこの通り!!

とってもレザジャケ

・・・・・・


ただ溜め息しかでないミュウでした・・・・。

 

 

 

2月6日 強暴わんちゃんの巻

 

ガブガブ いたたた・・・・は、離して(汗

のら犬に手噛まれました・・・(泣

狂犬病にならなくてよかったとミュウでした・・・・。

 

 

2月8日 枝テロ?の巻

暇だなぁ〜・・・・


冒険いってもロクなことないしなぁ〜・・・・


そうだなぁ〜・・・・


ペットでも召喚しようかなぁ〜・・・


ペット召喚とは
古木の枝を誰もいないところで使い、でてきた魔物は必ず召喚した本人を狙う。
これを利用して召喚した魔物を倒さず攻撃をさせ続けてペットを飼ってる気分を味わうというものである
というわけで・・・・

 

「ちょっとペット召喚してくるね〜」

「それいいな・・・俺も・・・」

「じゃあ私も・・・」

「あたしも〜」

 

大乱闘

モンスターハウスだ!!(微違


まさかこんな大事になるとは思いませんでした・・・いつのまにか枝テロ(?)祭開催です。
さて、ここでPTが召喚したペットを見てみようと思います。

 

生物は早めに食べましょう

殴ってます、殴られてます、今夜は蟹鍋です。

 

Pスケ「あっしはどこまでもあなたについていきますぜ」

ペット・・・というかしもべ・・・

 

たぬきラヴw

一番でてほしいのがでてくれました♪ペット実装されたら絶対飼うぞ〜!><

 

子犬かわいい・・・・

召喚された中で一番かわいいモンスターはこれ!はう〜・・・抱きしめたいよ〜・・・

 

よしよし かわいいなー はっはっは

ペットといったら代表的なのはやっぱり犬ですね、しかし凶暴だ・・・それを手なずける(?)リーダー、さすがです。

 

ムカ「お嬢さん俺ッチと踊ろうぜ!」

このノリノリな感じがいい感じです!(ノリノリに見えるのはあたしだけ?

 

とまぁいろいろとあって楽しかったです、つられて枝を使ってくれた人ありがと〜!!

 

久しぶりに良い思い出ができたミュウでした・・・・。

 

 

2月10日 どすこい北極熊の巻

 

なんとなく土俵に見える

 

ルティエの土俵(橋)でぼーっとしてると白熊がやってきました・・・・。
街の中なのに・・・・よっぽど相撲したかったのでしょうか。


ちなみに勝者はミュウ、長期戦に持ち込んで撲殺でした。


モンスターもスポーツ番組見るのかな・・・とか思うミュウでした・・・・。


 

2月13日 ポリン殺人事件の巻

 

えぎらぁ〜〜・・・えぎらかーどほしいよぉ〜〜・・・・


冒険の回数は結構多いはずなのにさっぱり稼げていない(むしろ赤字の)ミュウ。
今日はどこいこうかなぁ〜・・・ピラ2Fはもう飽きた・・・・。


ん〜〜・・・・


よし、今日は炭鉱にいこう。
あそこは石炭や鋼鉄など、高値で売れる物が結構でるので狙い目かもしれない。
現在地はゲフェン、ポタがないので歩いていくことにする。


たまにはこうやってフィールド歩くのもいいなぁ〜・・・ん?
そこに一匹のポリンが現れ、進もうとしてる道に立ちふさがる。
無視するのもいいんだけどせっかく殴れる位置にいるんだし・・・というわけで


てーい!!ぱこん!!


INT型といえどさすがにレベル77もあるので一発で倒す。
さて、ゼロピー回収っと♪ゼロピーといえどお金はたいせつ・・に・・・

・・・・(゚□゚;

!!!!!!!!( ̄□ ̄;


剣と盾・・・?いや、そんなものはどうでもいい。

647z

ドクロ・・・・
なぜポリンがドクロを、いったいなぜ・・・
まさかポリンが人を殺して食べて消化した・・・・?(ブルブル
このドクロ・・・いったい誰のなんだろう・・・・


1、レベル1ノービスのドクロ


2、ポリンの主人のドクロ、主人の名はポリンナイト


3、その辺の上級者がいたずらで食べさせた


・・・・・


2で・・・・(ぇ


とまぁ、おふざけはここまでにして・・・これどうしよう・・・・(オロオロ

南無・・・・

埋葬

 

商人に647zで売る勇気はでなかったミュウでした・・・・。


 

 

2月16日 ひどいよ!レイドさん!の巻

今日はPTとグラストヘイムへ冒険です。
いや〜・・・いつ来ても恐ろしいところです・・・。

 

お、騎士さんがレイドリックにACしてる。


オートカウンター !! ズシャア!! 1120


オートカウンター !! ズシャア!! 1082


オートカウンター !! ズシャア!! 1156

 


騎士は倒れてしまった。


・・・・切ない・・・・(泣

 

骨一つも残さん!!

 

と・・とどめまで・・・・。


レイドさんやりすぎと思うミュウでした・・・・。

 

 

2月25日 猫夜叉の貧乏脱出大作戦の巻

やった〜〜!!ついにエギラC買ったよ〜〜〜!!!!
長かった・・・これで経験効率も金効率も大幅アップ!!


エギラCを買って残金24000z
よし、さっそくエギラCの性能を見るついでお金&経験稼ぎにレイス狩りだ〜!!


一時間後


14500z


・・・(ノ_・。)


また一時間後


8200z


・・・(´・ω・`)


さらに一時間後


2z


・・・_| ̄|○


祝 青ジェム破産5回目(泣

 


まったく見ておれんな・・・ここは拙者が一肌脱ぐかにゃ・・・


そんなわけで猫夜叉見参


さて、金を稼ぐのなら下水しかあるまい、短時間で稼げるのはあそこぐらいにゃ。


よし・・・ゆくぞ!

まだ一度も・・・_| ̄|○

・・・_| ̄|○


受付完了


いきなり挫けそうになったが気をとりなおして・・・
よし・・・今度こそゆくぞ!


・・・


うむ・・順調だ・・・・


・・・


重量が50%以上の時はHPとSPが自動回復しません。
ぬぅ・・もう重量オーバーか・・・まぁいい、このまま狩るか。


・・・


化け物のエサが切れたにゃ・・・ん・・・?
赤ハーブが32個・・・肉だけじゃなく野菜もとらんとな、これでも食べておくか。


・・・


重量が90%以上の時は攻撃とスキル使用ができません。
さすがにもうだめだにゃ・・・帰るか・・・・。


・・・


・・・


・・・


蝶の翼忘れた・・・・。


し、仕方ない歩いて帰るか・・・・。


・・・


バサッ バサッ


ファミリアか・・貴様など拙者の刀の錆びに・・・


重量が90%以上の時は攻撃とスキル使用ができません。


し・・しまった!!攻撃できぬ!!


バサッ!バサッ!


いたた・・くそっ、逃げれない・・・インデュア !!


重量が90%以上の時は・・・


だぁぁぁぁぁ!!!!


・・・


はぁ・・・はぁ・・・ひどいめあったにゃ・・・
残りHP33、かなり危なかったがなんとかきりぬけた。
さて、収集品の確認を・・・

忠節の証は常に持ってたり・・・

重量オーバーが早かった原因…

・・・重いはずだにゃ・・・
まぁ、これだけあれば青ジェムも買えるだろう。
ミュウ殿、今行くからにゃ・・・・


影薄いけど割と活躍した猫夜叉でした・・・・。

 

 

3月2日 クロノの超無謀な挑戦の巻

すべてはあの一言から始まった・・・・。

 

クロノ「リーダー、コルセア貸して♪」

リーダー「ほいほい」

 

へっぽこ船長

だっだーん!


+5コルセア!!防御力+11!!
なんだかものすごく強くなった気分・・・


今なら、今なら誰にでも勝てそうな気がする!!


あたしの長年の夢、いまここでかなえる!!


勝負だ〜〜〜〜!!

 

( ̄□ ̄;

・・・・・


・・・・・


む・・・


無茶だクロノーーーーーー!!!!


クロノ、人生最大の無茶を、今ここで・・・
というか攻撃一発も当てれてません、MISSの文字が痛々しい・・・・。
ちなみにSWなければ一発の攻撃で6回死んでます。


なお、キリがないので近くにいたPTの方々と協力して倒すことに


一緒に戦ってるふりして自分何もしてませんが。


少しずつしかダメージ与えれなかったけどもう残り少ないはず・・・


深淵!お前の命もここまでだ!!


???「兄者ーーーーーー!!!!」

兄者!助太刀にきたぞ!!

え・・・・?

 

どうも、弟です

し・・深淵が・・・二匹・・・・?

 

兄者!今助ける!!

深淵兄「な・・アビス!なぜここに・・くるな!」


深淵弟「いやだ!兄者、ボクも戦う!!」


深淵兄「くっ・・お前だけはこの戦いに巻き込みたくなかったんだが・・・・。」


深淵弟「何をいってるんだ!ボクだってもう立派な一人の騎士だ!戦いから逃げちゃいけない!」


深淵兄「ふ・・・しばらく見ないうちに成長したな・・・よし・・・いくぞ!!」

 


なんて・・・勝手なシナリオ考えてみたり・・・(ぉ
このあとどうなったかって?そりゃぁもう・・・

兄弟が去ったあと・・・

予想通りです。


ナイフで深淵に斬りかかるなんて・・・あたし何考えてたんだろ・・・と思うクロノでした・・・・。

 

 

3月10日 ナイトメア・ザ・ブルードリームの巻

もう少しでレベルアップ・・・はりきってレベル上げするぞ〜!!


そんなわけで階段ダンジョンへレイス狩りにきたミュウ
得意の逃げ足でレイスを逃げ撃ち、今日も元気にヒットアンドアウェイ!


ひひーん! ぱかっぱかっ


ん・・・?この声、足音はナイトメア・・・・。


ナイトメアを倒すにはSWとサンクをする必要がある・・・つまり青ジェム二個使用。
いつもは無視して逃げるんだけど・・・今は少しでも経験値がほしい・・・・。


よし、倒しておきましょうか・・・・。


セーフティウォール !! サンクチュアリ !! レックスエーテルナ !!


ひひぃぃ〜〜〜ん・・・・・


最近覚えたこの魔法コンボでナイトメアを無傷でいとも簡単に倒す、さてアイテムを・・・

あ!

お・・・

 

 

お!

おおっ

 

 

は!

おぉぉぉぉ・・・・

 

 

こ!

おおおおおおおおお!!!!


あ・お・は・こ・だーーーーーー!!!!


やったー!!久しぶりの!久しぶりレアだよ〜〜〜!!
これを今売れば250kzぐらいに!!


でも、開けてあたりがでれば2Mはくだらないものがでたりするかも・・・


どうする・・・いままでのことを考えれば開けずに売るほうがいいのはわかっている・・・


けど、今日こそ・・今日こそでるかもしれない・・・・。


けど・・・うううぅぅ〜〜・・・・


・・・・・

 


・・・・・・・・・・

 


・・・・・・・・・・・・・・・

 


・・・よし・・・開けよう・・・・

 


今日こそ・・・今日こそあたりがでるかもしれない・・・・。


・・・・勝負!!!!


・・・ぱかっ・・・

 


・・・・・

 


・・・・・・・・・・

 


・・・・・・・・・・・・・・・

 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 


ああ・・・・

 


違った・・・・

 


これは・・・・

 


青箱じゃなかった・・・・

 


これは・・・・

 

 

 


ナイトメアさんのお弁当箱・・・・

ナイトメア母さん・・・息子殺してごめんなさい・・・

ニンジン一個獲得。

 


この階段ダンジョンが涙で洪水になるぐらい泣きたくなったミュウでした・・・・。

 

 

3月13日 イビルさんの教科書の巻

 

何書いてあるの?

 

ミュウ「あう〜・・・ご、ごめんなさい、読めません・・・・。」


イビル「( `ω´)=3」


平和主義なイビルドルイドさんがいたので意気投合。


本の中身が気になったので見せてもらいましたが・・・・


すごく古い古代文字で書かれてて読めませんでした(汗

 


今度は平和主義なジョーカーさんとババぬきでもしないなぁ、と思うミュウでした・・・・。


 

3月16日 仏の顔も三度までの巻

現在RO界ではひな祭りイベントが実装されてます。
このイベント中は特定のモンスターがひなあられ、菱餅などを落とし
それをイベントNPCに渡すとランダムでアイテムをもらえるというイベントである。

クロノ「そろそろひな祭りイベントも終了だね〜。」

猫夜叉「もう16日だぞ・・・いつまでひな祭りやってるにゃ・・・。」

ミュウ「あ、あたしに聞かれましても・・・・。」

クロノ「ねぇねぇ、ひな祭り終わったらひなあられと菱餅交換できなくなるから交換しにいかない?」

猫夜叉「ふむ・・・持ってても無駄になるだけだし、そうするかにゃ。」

ミュウ「そうしますか。」

そう決めると3人は今あるあられ、餅を持ってアルデバランへ

猫夜叉「では、まずは拙者から・・・」

猫夜叉のアイテム 菱餅7個 ひなあられ1個

ミュウ「わぁ・・ずいぶんたくさん持ってますね。」

猫夜叉「ポリン島に篭ってたからにゃ。」

クロノ「ふ〜ん・・・ポリンなんて狩っても経験全然入んないのに。」

クロノ「ひまなんだねぇ〜〜・・・・(ちょっと嫌味っぽく」」

猫夜叉「ふん、それ以上にひまをもてあそばしてるおぬしにだけは言われたくないにゃ。」

クロノ「なんだとぉー!?」

ミュウ「まぁまぁ、二人とも落ち着いて・・・ケンカはダメですよ〜。」

猫夜叉「まぁ、そこの子供はほっといて交換を・・・・。」

クロノ「な・・なによー!!これでもあんたよりとしう・・・」

 

いえーい!

 

猫夜叉「お・・・・」

ミュウ「おおっ」

クロノ「おおおおおお!?」

ミュウ「いきなり大当たりですね。」

猫夜叉「うむ、今日はついておるにゃ。」

クロノ「猫夜叉ちゃん!その調子でどんどんいこー!!(オリ原とってもほしい人」

猫夜叉「おぬしはほしいものが目の前にあると態度が一転するにゃ・・・・まぁいい、さて、次は・・・・。」

 

やっはぁぁぁ!!

 

猫夜叉「おお・・・・」

ミュウ「わぁ・・・・」

クロノ「二連続きたーーーーーーーー!!!!」

ミュウ「猫夜叉さんすごいですね〜・・・。」

猫夜叉「ぬぅ・・・ツキすぎてて怖いにゃ・・・・。」

このあとでてきたものは以下の通り

イグ実2個 イグ種1個 イグ葉1個 カタツムリ1個 カプラ利用権1個

クロノ「とりあえず、オリ原2個でた猫夜叉ちゃんは勝ち組だね〜。」

猫夜叉「うむ。」

クロノ「さて・・・次はあたしだよ!」

クロノのアイテム ひなあられ1個

猫夜叉「・・・1個・・・だけか?」

クロノ「だって〜、あたし猫夜叉ちゃんみたいに全然ひまじゃないし〜(また嫌味っぽく」

猫夜叉「・・・クロノ殿、その後ろのバックに入ってるのはなんにゃ・・・・?」

クロノ「えっ・・・な、なんでもないよ!!」

ミュウ「クロノさん〜、何をあせってるんですか〜?」

クロノ「ええっ!?別にあせってなんか・・・・。」

猫夜叉「・・・オーク戦士の証210個・・・・。」

クロノ「えっ・・・?ああ!あたしのバック・・いつのまに!!」

ミュウ「猫夜叉さんは剣術だけでなく忍術も心得てますからね〜、スティルでもしたんじゃないですか?」

猫夜叉「これでわかったにゃ・・・、クロノ殿、おぬしはやはり拙者より暇人であろう。」

クロノ「そんなことないよ!!」

猫夜叉「ならばこの戦士の証どう説明するにゃ?」

クロノ「そ・・それは・・その・・・・」

猫夜叉「・・・それは?」

クロノ「いたずら好きな妖精さんが持ってきたんだよ!!」

猫夜叉「・・・・・・。」

ミュウ「・・・・・・。」

クロノ「・・・・・・。」

猫夜叉「クロノ殿、おぬしはほんとうに拙者達より年上か?」

クロノ「なんですとぉー!?」

ミュウ「あわわ・・・二人とも!そんなコントやってないで本題進めましょうよ!!」

猫夜叉「コ・・・コント・・・・。」

クロノ「おっとっと、本題忘れるところだった・・・では交換を・・・・。」

 

いやっふぅぅぅぅぅ!!!

 

・・・・・・

しばし沈黙

クロノ「ふぉおおおおおおおお!!!!」

ミュウ「ふぉ」

猫夜叉「ふぉお!?」

ミュウ「ク、クロノさんやりましたね!大当たりです〜!!」

クロノ「やったー!あたしやったよミュウちゃ〜ん!!アイアム ザ チャンピオーーン!!!!」

猫夜叉「ぬぅ、まさか一番のあたりが出るとは・・・・。」

クロノ「てなわけであたしもめでたく勝ち組〜♪」

ミュウ「おめでとうございます〜。」

猫夜叉「さて、あとはミュウ殿だけだにゃ。」

ミュウ「あ、そうですね。」

ミュウのアイテム 菱餅3個

ミュウ「何かいいものでるかなぁ・・・・。」

クロノ「ゼロピーとか・・・。」

ミュウ「うっ・・・・。」

猫夜叉「こら、クロノ殿・・・。」

クロノ「あはは、冗談だって、でるわけな・・・・」

 

おぉ〜ん・・・

 

クロノ「うっ・・・・。」

猫夜叉「うっ・・・・。」

ミュウ「・・・・・・。」

クロノ「ま、まぁ、ミュウちゃん、こんなこともあるって・・・・(汗」

ミュウ「そのこんなことをもう嫌ほど味わってるんですが・・・・。」

クロノ「あうぅ・・・でもでも!今度こそでるかも知れないよ!」

ミュウ「その今度こそに騙されて何度酷い目にあったか・・・・。」

クロノ「あうあうあうあぁ〜・・・・。」

猫夜叉「まずい・・・ミュウ殿がダークだ・・・・(汗」

クロノ「だけど!今度こそ!今度こそでるって絶対!!」

ミュウ「・・・そこまでいうなら・・・・。」

猫夜叉「よし、再挑戦だにゃ。」

クロノ「ミュウちゃんがんば〜〜〜!!!!」

 

おぉ〜〜ぉぉ・・・

 

ミュウ「あたし帰る。」

クロノ「わわわ!待って待って!!」

ミュウ「どうせこの最後もゼロピーなんですよあたしはゼロピーに埋もれて死ぬんですよ。」

猫夜叉「まずい・・・ミュウ殿が錯乱している・・・・(汗」

クロノ「まぁまぁまぁまぁ!!考えてみて・・・ゼロピー3連続ででることはまずないって!!」

ミュウ「・・・・・・。」

クロノ「3連続で同じ物がでるんだよ?そんなことはないって!その確率は花HBが出る確率より下だよ!」

クロノ「もしかしたらヘアバンドでるかもしれないよ?このままやらずに持ち帰っても意味ないんだから、ね?やろうよ!」

ミュウ「・・・・わかりました、やります・・・・。」

クロノの激しい説得によりミュウはやる気はなくともやることにした・・・・。

猫夜叉「大丈夫かにゃ・・・あれでもしゼロピーがでたらミュウ殿は・・・・」

クロノ「大丈夫だって!花HBがでるのより確立低いんだよ?そんなことはまずありえないって!」

猫夜叉「いや、しかし・・・・。」

クロノ「あ、交換するみたいだよ。」

猫夜叉「ぬ・・・・。」

 

ムカッ

 

クロノ「はう」

猫夜叉「うお」

ミュウ「・・・・・・。」

クロノ「・・・・・・。」

猫夜叉「・・・・・・。」

クロノ「ま・・・まぁ・・・こんなことも・・・・・・・・ないよね(汗」

プチッ・・・・

クロノ「プチッ・・・・?」

ミュウ「・・・う・・・ぅ・・・・。」

猫夜叉「ミ・・・ミュウ殿・・・・?」

ミュウ「うわあああああああああああああああん!!!!」

クロノ&猫夜叉「!?」

 

カプラ殴り

 

クロノ「うわ!ミュウちゃん!だめだよ!ちょっ・・落ち着いてーーーー!!!!」

猫夜叉「堪忍袋の緒が切れたというやつかにゃ・・・・。」

クロノ「そこ!なに冷静に解説してんのよ!!」

ミュウ「うぅ・・・ひっく・・・やだ・・・もうやだぁ〜・・・・。」

クロノ「ミ・・・ミュウちゃん・・・・。」

ミュウ「もうやだこんなネタだらけの生活!!!!」

ミュウ「うわあぁぁぁぁぁぁん・・・・!!!!」

クロノ「・・・・・・。」

猫夜叉「・・・・・・。」

こんなネタだらけの生活もういやだととにかく思うミュウでした・・・・。

菱餅交換を無理矢理勧めてネタ運んできてごめんなさいと思うクロノでした・・・・。

いつも穏和なミュウ殿があそこまで・・・珍しいもの見れたと思う猫夜叉でした・・・・。

 

 

戻る?