晩御飯〜!

 

名前

Cavenya (ケーブニャー)

年齢

16歳

紹介 森に住む原住民の一人で、その一族は平和を愛する温厚な原住民であった。 Cavenyaはその一族の未来を受け継ぐ子供の一人だった。 しかし・・・一族は皆殺しにされてしまった・・・。 赤い兵隊・・・あのマーク、忘れやしない、BSQ軍だ。 Cavenyaはたった一人生き残った・・・それは、運がよかったのだろうか、悪かったのだろうか・・・。 気が狂いそうなほどの怒りを覚え、復讐を抱いた。 しかし、たった一人で何ができるというのだろうか? Cavenyaはどうするか考えた。 元々争いなんてほとんどしない一族だった、戦争は不向きにも思えた。 そこでCavenyaは、一族復旧を優先することにしたのだ。 だが、その一族の血を引く者はもはやCavenyaしかいない。 つまりどういうことか・・・、簡単なことだ。 それは、己の身に・・・子を宿すこと・・・。
性格 能天気でいつもぼーっとしてるが、時に獣のように鋭く、本能で動いている場面もある。
特技 槍、戦闘技術、物まね、自然調和
シップ ドラゴンスレイヤー バーサーカー 道化王 ジャングルマスター アサシン
好物 リンゴ ローストオルヴァン ミート コーンポタージュ あげパン
一言 君となら、強い子、生めるかな?

メモ

戻る?